(平成24年度文部科学省委託事業)
■事業概要
(1)事業の趣旨
  文部科学省より、当該都道府県で生産された農林水産物及びこれらの農林水産物を主原料として加工された食品を
当該都道府県内の学校給食での活用促進を図るるため、地場産物の活用に関するこれまでの体制整備や加工品開発など
の調査研究を見直し、その成果を普及する事業を行うよう委託を受けました。
委託契約の期間は平成24年7月2日から平成25年2月28日です。
 そこで、行政担当者、栄養教諭等関係者・学校給食センター関係者・学識経験者・生産者・加工業者で構成する、地場
産物活用促進委員会を設置し、調理員調理講習会、料理開発コンテストなどを開催し、学校給食において地場産物の
活用促進につながる取組みを行いました。
(2)組織及び業務内容
(3)調理風景
 平成25年1月10日(木)、県学校給食会において、応募数29チームの中から第
  平成24年10月17日(水)   一次審査を経て選ばれた4チームが参加して第二次審査(調理実技)が行われ
  ました。内容は、第一次審査では料理の独創性、アイディア・普及性について、
      いしどりや懐石「新亀家」 加藤綱男先生   第二次審査では実際に調理してもらい、色彩・味付け・調理法等を採点し順位
 学校給食調理員を対象に、調理技術の向上や県産食材について、   を決め表彰しました。
 理解を深めていただく事を目的に開催しました。 旬の地場産食材を
 使い、料理に合った食材の使い方等、実際に給食でも応用できる
  献立を丁寧に指導して頂きました。
               
                               
  
(4)成果資料 別添PDF参照のこと
岩手県内の教育委員会・学校・共同調理場・
学校給食関係機関等に配布しました。
@ 平成24年度学校給食料理開発コンテスト料理集
  平成24年度学校給食調理員調理講習会料理Iレシピ集pdf