(平成21、22年度 農林水産省補助事業)
■事業概要
(1)事業の趣旨
 学校給食における地場農畜産物の利用拡大ともに地域農業や地域の活性化などを目的とした事業。
事業内容は学校給食における地場農畜産物の利用割合を平成22年度までに平成20年度利用実績と比べて、
地場農畜産物の利用品目数または利用重量を5ポイント以上拡大させるなど計画を策定した市町村、協議会な
どが取組む。助成は新たな農畜産物を導入した献立、平成20年と比較して地場農畜産物の利用割合が10ポ
イント、利用量が2倍以上高い献立で地場農畜産物の原材料費の1/2を助成するほか、地場農畜産物の供給
などに係る協議会の活動や冷凍・加工食品の試作・開発、さらに新たな集荷・配送・搬入ための経費などに助
成が行われます。
事業実施期間は平成23年3月まです。
事業実施者
21,22年度助成対象額39,337千円 22年度助成対象額850千円
助成額19,180千円 助成額422千円
現在2市町が実施それぞれ地場農畜産物の品目数を50%以上拡大させ、学校給食における地産地消を推
進した。